浮気の慰謝料を請求する

浮気問題で必ず発生するのが慰謝料の問題だと思います。

具体的な金額の相場を書く前に、大切な事を2点書いておきたいと思います。

まず、慰謝料を請求する相手です。

(1)パートナーに対して(配偶者、夫、妻、婚約者等)
(2)パートナーの交際相手

(2)の場合はあなたとパートナーが既に婚姻関係にあると知りながら交際に応じた側にも責任があるわけなので慰謝料が請求可能です。

次に、請求できる期間について

これはあなたが、パートナーの浮気を知ってから3年以内とされているようです。

3年間、見て見ぬふりをしてしまうと慰謝料の請求ができない場合もあるようなので知っておいた方が良いでしょう。

そして、具体的な慰謝料の相場ですが・・・

あくまで、一般的な年収の方の場合を例としてあげておきます。(高収入の方の場合はケースバイケースです)

一般の場合には、婚姻期間にもよりますが、大体300万円前後だと言われております。

もちろん、子供の養育費等はこれとは別です。

慰謝料を現金で受け取る場合には原則課税はされませんが、現金以外のもの(例えば土地や不動産)の場合には課税されるケースもあるようなので注意して下さい。

彼氏の浮気への対応

自分の大切な彼氏がもしかしたら浮気をしているのではないかと心配になる事は誰だってあると思います。

浮気をしている彼氏は何らかの兆候を見せるものです。例えば、こんな感じでしょうか?


(1)仕事やアルバイト、男友達の付き合いを理由になかなか会ってもらえなくなる。

(2)留守電になっている時間帯が急に多くなった。

(3)携帯電話を無造作に置かなくなった。どんな時にでも身につけてはなさなくなった。

(4)二人の未来の姿について話そうとしても全然話に乗ってこなくなった。

(5)二人でいる時間帯に面倒くさそうな表情をするようになった。

(6)こそこそメールを出すようになった。



他にもいろんな兆候や変化があるとは思いますが、大まかにはこんなところだと思います。

なんとなく、思いあたる節があり、怪しいぞと思ったら、実際に浮気をしているかどうか調査を致しましょう。

自分でじっくり時間をかけて調べるのも良いですし、専門の方に依頼するのも1つの方法だと思います。

100%浮気をしているとは限らないわけなのでしっかりとした証拠を掴むまでは感情的になり過ぎないようにする事が大切です。

もし、調べた結果クロだった場合には、彼氏を問い詰める前にあなたなりに彼氏との交際をどうしたいのか落ち着いて考えましょう。


(1)彼氏と別れてしまう。

(2)彼氏が誠意を持って謝罪した場合のみ許す。

(3)一度冷却期間を置く(同棲を止める、しばらく会わない)

(4)別れさせ屋に依頼する。



自分の胸に手をあてて浮気をした彼氏に対する愛情が残っているかまずは考えましょう。

あなた自身が冷めてしまった場合には別れて新しい生活をスタートさせた方が良いかもしれません。

それから、彼氏が本気なのか、遊びなのかを見極めましょう。

彼氏をまだ愛していてどうしても別れたくないものの、彼氏の方が浮気相手と本気で交際しているようであれば、別れさせ屋に依頼する方法もあるようです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。